冠婚葬祭の突然の出費

法事や、結婚式は結構前からわかっていることがおおいので、まだなんとかなるが・・・

 

突然の葬儀などがそれに重なると飛んでもなく大変な出費になる事もあります。

 

その月に結婚式が2つと、施餓鬼が1つに一周忌が1つという事がかつてありましたが、更にそこに身近な葬儀が入って、

 

その月の生活費が足りなくなるようなことも経験したことがあります。

 

まっ十分貯蓄があるばあはいいですが、まだ社会にだてたの人など、こんな時に貯蓄もろくになくてという事もある場合も。

 

そんな時だけに利用するのであれば、キャッシングも非難されるようなものではありません。

 

家族に借りられればそれが一番良いですが、あまり友人知人には借りない方がいいでしょう。

 

お金を借り目のはお互いに取って気持ちの負担になり、その関係を悪くする事はあっても、良くすることはありません。

 

それだったら、まだキャッシングなどで借りてしまった方がいいです。

 

信用は一度失うとなかなか元に戻せませんからね。

 

今は、土日でもキャッシングできるところもありますし、

 

クレジットカードについていねキャッシング機能を使っての良いでしょう。

 

ただし金利は凄く高いので、給料日になったら直ぐに返済しましょう。

 

もちろん、家族や友人にばれないように借りられるところでかりましょう。

 

翌月全額返済するのでしたら、多少の金利差は大した違いはないので、ノンバンクで即日借りられるところでもいいと思います。

無利息という手段もある

一円も金利を払いたくないと思うなら、無利息キャッシングできるカードローンです。

 

金利は高いですが、30日間無利息というのは、かなりおいしいです。

 

これ、たまに1日でも過ぎたら、31日分金利がかかるんじゃないかと思っている人もいるみたいですが、

 

31日で返済したら、金利は1日分です、40日で完済したら、10日分なのです。

 

つまり本当に30日は金利がつかないので、短期で返せるならこんなお得な方法はないと思います。

 

ただし、始めてそのカードローンを使う場合という限定的なものです。