職の悩み解決方法

退職

今度、会社を退職しようと思うのですが、会社を退職するのに
退職日や有休休暇の使い方等で自分の意思を通すことはできるんでしょか。
また、退職願を書くのは、自分で適当に選んだ便箋等をつかっていいのでしょうか。会社の就業規則を読むかぎり、特に指定はないようですが。
(*回答と著作権は各情報サイトに帰属します)

確定申告で、退職金に退職年金は加えるのですか?

確定申告で、退職金と退職年金についてお尋ねします。
まずは、退職に関する詳細は下記お通りです。
退職日    :平成25年2月20日(早期退職)
勤続年    :25年
退職金    :1,135万円
退職所得控除額:1,150万円
上記より、退職所得控除額が1,150万円なので、退職金1,135万円であれば所得税はかからないという解釈でよろしいのですよね?
実際「退職所得の源泉徴収票」にも源泉徴収税額の欄は空欄でした。
また上記の退職金に加え「退職年金」というものも前払いで一括で受け取りました。(315万円)
会社から貰った退職金の明細書には、退職年金の欄にカッコして(確定給付企業年金)と書かれ、「年金に代わる一時金」として315万円が書かれています。
ちなみにこの退職年金は、三菱UFJ信託銀行から振込まれましたが、実際振込まれたのは294万円です。
問題はここからなのですが、1〜2月給与所得の確定申告に加え、通常なら退職所得を含めて申告する必要はないと思われますが、もし退職金に「退職年金」を含めるのであれば、
1,135万円+315万円=1,450万円となり、退職所得控除額の1,150万円を超してしまいます。
退職金に「退職年金」を含めるのかどうか、そもそも退職金と退職年金は合わせて計算するものではないのですか?
どなたか詳しい方、ご回答お願いします。
(*回答と著作権は各情報サイトに帰属します)

退職
4月に入社した新入社員です。
しかし、色々な理由から転職を考えています。
そこで質問なんですが、退職の意思を伝えるのは辞める日のどのぐらい前に伝えればいいですか(・・?)
また、退職願は、いつ出せばいいですか(・・?)
回答お願いします。
(*回答と著作権は各情報サイトに帰属します)

Q:退職代行業者って何をしてくれるの?
A:退職代行業者の仕事内容は、会社や仕事を辞めたい労働者の退職意思を、本人に代わって代行してくれるサービスです。万が一退職できなかった場合には、全額返金をしてくれる業者が多いです。
こちらのマンガ動画が分かりやすかったので是非、一度見てみると詳しい内容が分かると
思います。
Q:退職代行業者を使えば即日退職できるの?
A:退職代行は、やむを得ない理由による退職であれば、即日退職も可能みたいです。即日とはいかなくとも、国のルールにより2週間では退職出来るので利用価値は高いと思います。24時間電話受付をしている会社を見つけましたので、深夜でも明日の朝から出社できそうになければ、翌朝の午前中から対応できるそうですよ。
こちらに退職代行業者のURLを張っておきます。
Q:会社から電話連絡は止められるの?
A:退職代行業者に電話連絡を止めて欲しいと依頼することにより、会社側にその旨を
報告してくれるそうです。強制力はないので100%とは言えないそうですが、
ほとんどの会社さんは対応してくれるそうです。
Q:突然辞めて会社から訴えられたりしないの?
A:その可能性はほとんど無いそうです。退職を申し出ると訴えると脅されるケースも中にはあるそうですが、しかし、裁判にかかるコストや労力などを考えると、1人の従業員のために裁判を起こすことは会社の評判を落とすことにもなり、実際はしないケースが
多いそうです。
Q:退職代行業者はどこを選べば良い?
A:まずは社歴が長い所がポイントになります。会社が設立して5年以上経過している業者であれば、一定の安心感があるかと思います。逆にホームページに会社の設立年月日が
記載がなかったり、住所が書いてない、社長の名前が無いなどは避けるほうが賢明だと思います。次に顧問弁護士がいる退職代行業者ならしっかりと質の高いサービスが受けられると思いますので安心です。

仕事の悩み記事一覧

教育訓練給付をもらって、スキルや資格を取得することで再就職の可能性を高めることはとてもいいことだと思います。ただし全額ではなく、教育訓練経費の20%に相当する額となるので、ある程度の負担は必要になります。専門実践教育訓練給付金は、教育訓練施設に支払った教育訓練経費のうち40%に相当する額となりさらに給付金額が大きくなります。平成31年4月1日付新規指定講座は325講座になっているので、厚生省のHP...

日本の景気はいいようでそれでいて賃金はあまり上がっていない・・・格差社会と言われるなかで、アベノミクスで景気がよくなっても、一般サラリーマンの平均月収は上がるかどうかは分かりません。パートや派遣で賄える仕事が増え、平均収入は全体的には減っているのが現実ですし。給料が上がらないのならばと、自分で副収入を得る方法を考える人が増えています。あわよくば、独立開業までたどり着きたいと思っている人も多いことで...